D. A. Rovinskii’s Collection of Russian Lubki (18th–19th Century)

- November 12, 2019 in cats, D. A. Rovinskii, lubki, lubok, russia

A selection of D. A. Rovinskiĭ’s collection of lubki — colorful Russian prints from the 16th through 20th century.

OpenGLAMの原則:文化遺産のオープンアクセスへの道

- November 12, 2019 in Featured, Open Access, OpenGLAM, Special, オープンデータ

(訳注:この記事はOpen Knowledge本家によるOpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage(2019/4/30)を日本語化したもので、OpenGLAMの原則は2019/11月現在改定中です。)

OpenGLAMとは?

2010年初の初めに、OpenGLAM(ギャラリー、図書館、資料館、博物館)が立ち上げられました。オープンアクセスをサポートする文化施設間の交流とコラボレーションをサポートするネットワークです。OpenGLAMは現在Open Knowledge Internationalとして知られているOpen Knowledge Foundation(OKFN)(訳注:2019/6月現在、再度OKFNに名称復帰しています)のイニシアチブおよびワーキンググループであり、欧州委員会が共同資金提供しています。クリエイティブ・コモンズCommunia Association、及びGLAM-Wikiコミュニティは最初から仲間でした。 とりわけヨーロッパでは、いくつかの地域OpenGLAMグループが結成されました。ネットワークは、専用ウェブサイトや OpenGLAMのTwitterアカウントといったいくつかのコミュニケーション・チャネルを通じてアウトリーチ活動を行っています。さらには別のOKFNによるイニシアチブ組織(現在は独立)であるPublic Domain Reviewと一緒に働いています。 デジタル文化遺産への自由で開かれたアクセスの背後にある共有された価値を概説するために、ワーキンググループは文化遺産部門におけるオープン機関とは何を意味するのかを定義する目的で、2013年に一組のOpenGLAMの原則を起草しました。 2013年に起草されたOpenGLAMの原則のスクリーンショット オープンアクセスが文化の部門で広く採用されるようになるにつれて、この領域の利害関係者間でのより強力なコラボレーションの必要性が高まっています。2018年に、クリエイティブ・コモンズ、ウィキメディア財団、そしてOpen Knowledge Internationalにつながっている人々のグループが、OpenGLAMネットワークの活性化と次のステップについて考えるためのイニシアチブをとりました。クリエイティブ・コモンズはこの分野で基本的な仕事をしています。文化遺産機関がその標準的なライセンスを通してそしてクリエイティブ・コモンズ認定制度のようなトレーニングを提供することでコンテンツの公表を手助けします。最初のステップは、投稿者の公募を通じて、@OpenGLAMのTwitterアカウントで新たな命を吹き込むことであり、OpenGLAMの原則について「温度チェック」調査を実施することでした。ここでは、いくつかの結論と次のステップについて説明します。こちらで調査の完全な分析にアクセスしてコメントすることができます。

OpenGLAMの原則に関する調査

調査はソーシャルメディアを通じて、主に@OpenGLAMアカウントを通じて公表し、調査を希望する特定の人々に連絡を取りました。合計109件の回答がありました。参加者の大部分はヨーロッパ(30%)とオセアニア(25%)に属し、北アメリカ(19%)とラテン&中米(19%)がそれに続きました。アジアや中東からの回答は非常に少なく、アフリカからの回答はありませんでした。私たちのアウトリーチ戦略の欠陥はさておき、これは原則の問題を示す側面の1つとも言えます:それらは英語でしか利用できず、それ故に参加へのさらなる障壁を追加しています。 私たちはまた、回答者がGLAM機関とどのような関係にあるのかについても知りたかったのです。調査では図書館員が最も多く(27%)、博物館の専門家(11%)、学者およびコミュニティの主催者、すなわちWikimedians in Residence(23%)がそれに続きます。わずかに7%が文書館に属し、続いて8%の人がGLAM組織の顧問または外部コンサルタントとして働いていました。複数の役割を果たしていたり、複数の機能を持つ機関で働いていると回答したのは21%でした。 私たちは、原則があまり知られていないことを発見しました。回答者のほぼ半数(45%)は、調査を受ける前にはこれに気付いていませんでした。そして、参加者にこの原則が自分たちの仕事に役立つと考えているかどうかを述べるよう依頼したところ、大多数から積極的な回答(72%)が得られたたものの、25%が「多分」と考え、ごくわずかな割合(3%)だけが役に立つとは思えない、という回答でした。 役に立たないと考えた人々のうち、たいていの批判は公的組織からのサポートの欠如、文化遺産機関とのコミュニケーションやつながりの欠如、そしてそれらのためのサポート構造の不在、といったものでした。とある回答者の要約のように、
「オープンデータなどは文化の分野では関係のない組織です。それらには関連組織によるサポートが必要です。より良い構造とネットワークを構築するために、私たちには議論するためのガイドラインと価値が必要です。」

これを有用だと考えた人々のうち、ほとんどは自分の仕事のためのガイドとして利用するためのフレームワークと値のセットを持つことの有用性を示しました。しかしながら現在の版では、原則はほとんどあるいは全くガイダンスを提供していないようです。 提供されている例の範囲が限られていることに加えて、データの公開に主な焦点が当てられていること、オープンアクセスと、疎外されたグループや先住民コミュニティなどの他の関係者の利益と権利との間にある緊張関係に関する認識の欠如、文化遺産に関するより広範で世界的な視点の不在が、今後の見直しの中で対処される必要がある関心事項として知らされました。ある回答者はこう述べています:
「個人的、文化的または社会的制約を伴う情報は、伝統的な知識のように単に『公表』されるべきではありません。私たちには文化的知識の複雑さについてある程度の認識が必要です。」
調査の参加者はまた、原則を更新する必要があると考えたかどうか、また必要である場合はどのように変えたら良いのかを尋ねられました。回答者は、原則を実際に適用する方法について、より多くのガイダンスを見たいと述べました。彼らは、オープンアクセスに関わっているより多様な機関のより良い例を望むでしょう。参加者はまた、原則のメンテナンスを説明できるより良い構造を設定する必要性を表明しました。価値とのつながりやより広い有用な宣言が欠如している点もまた、原則の弱点として現れました。別の回答者は次のように言っています:
「人権の観点により重点を置く必要があります。文化遺産へのアクセスは、いくつかの人権憲章および宣言に明記されている権利です。」
このOpenGLAM 原則に関する短時間での評価以外にも、自分たちに自問する必要があります。そのより広い機能と有用性とは何でしょうか?私たちは文化遺産機関がそのコレクションにオープンアクセスポリシーを適用するために、より良い指導を必要としていることを知っています。 この声明の裏付けとなる権利声明の正確性についての Europeanaが委託したレポート、およびAndrea WallaceとDouglas McCarthyが作成したGLAMオープンアクセスポリシーと実践、といった調査を含む証拠は増えていて、文化遺産機関をまたぐオープンアクセスポリシーの適用における格差を示しています。そしてCC認定制度などのより多くの訓練や、より良いアドボカシーやツールが適時に設定できる一方で、推奨事項と宣言は、組織機関の内部でまたは連携して活動しているアドボケイトにとって有用な要素となる可能性があります。 Open Access Directoryによって管理されているOpen Access をサポートする宣言のリストは 、学術コミュニケーションおよび科学データのOpen Access出版に重点を置いており、特に伝統的な知識、先住民の権利、またはデジタル化とオープンアクセスリリースに関するその他の問題のある側面、といったあたりの関心事項のいくつかを含む文化遺産に取り組む原則または宣言における明らかなギャップを示しています。 私たちは、オープンアクセスのためのより良いガイドラインをめぐり、文化遺産セクターとより幅広い会話をするために集まることを願っています。この幅広い会話の一環として、私たちは現在草案を作成しており、支持者や実務家と毎月電話をしています。可能な限り多くの人々を巻き込むために、私たちは年間を通じてより多くのフォローアップ戦略を持つ予定です。 会話への参加に興味があるなら、OpenGLAMメーリングリストを通して 連絡を取るか、そこで発表される毎月のオープンコミュニティコールに参加するか、またはCreative CommonsのSlackの#cc-openglamチャンネルに参加してください。 こちらでOpenGLAM Principlesサーベイの広範なレポートを読んだりコメントしたりすることができます。 原文(OpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage より):
Original post 2019/4/30 OpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage / Open Knowledge Foundation, licensed under CC BY 4.0.

OpenGLAMの原則

- November 12, 2019 in Featured, OpenGLAM, Special, オープンデータ

(訳注:この記事はOpen Knowledge本家による2013年の記事を日本語化したもので、この原則は2019/11月現在改定中です) v.1.0. 注:これは、OpenGLAMワーキンググループと一緒に起草したOpenGLAMの原則の第4版です。私たちはこれをコミュニティの努力としてとりまとめたいので、OpenGLAMメーリングリストにフィードバックをお願いします! ギャラリー、図書館、資料館、美術館は人類の知識の進歩を支えるうえで基本的な役割を果たしています。それらは私たちの文化遺産の管理人であり、そのコレクションの中には人類の記録があります。 インターネットは、文化遺産機関に未だかつて無いほど世界中の視聴者を巻き込み、以前よりもそのコレクションを発見しやすくしたりつなげる機会を提供し、ユーザーが世界の遺産保存機関の富を享受するだけでなく、貢献し参加し共有することも可能にします。 私たちは、自分たちのコレクションやメタデータを公開するための手順を進める文化機関が、こうした機会から恩恵を享受するだろうと信じています。 私たちがデジタルコンテンツやデータが「オープン」であると言う場合には、以下のように要約されるオープンの定義に準拠していることを意味します:
「せいぜい作者のクレジット表記をしたり派生作品も原作品と同じ条件で利用可能にする程度で、誰でも自由に利用・再利用・再配布することができる場合、そのデータやコンテンツはオープンであるといえます。」

コレクションをオープンにする最初のステップは、オープンなライセンスを適用することですが、それはストーリーの始まりにすぎません。文化遺産機関がアクセス、技術革新そしてデジタル・スカラーシップのためにインターネットの可能性を最大限に引き出すには、コラボレーションや新しい形態のユーザー参加に対するオープンネスが不可欠です。 OpenGLAM機関はこれらの原則を擁護しています:
  1. Creative Commons Zero 権利放棄などの適切な法的ツールを使用して、アーティファクト(メタデータ)に関するデジタル情報をパブリックドメインに公表します。
  • これにより、データの再利用が最大限に促進され、また、Europeanaやアメリカ・デジタル公共図書館などのメジャーな文化データアグリゲーターとのコンプライアンスも確保する一方で、リソースをより見つけやすくなります。
オープンメタデータのライセンスポリシーの例については、以下を参照:
  1. 著作権の保護期間が満了になった作品(パブリックドメイン)のデジタル表現を新しい権利を追加しないことによってパブリックドメインに保管します。
  • 著作権が失効した作品(パブリックドメイン作品)のデジタルコピーおよび表現は、クリエイティブ・コモンズのパブリック・ドメイン・マークなどの適切な法的ツールを使用して明示的にマークする必要があります。これにより、コンテンツの再利用が最大限に促進されます。
オープンコンテンツのライセンスポリシーの例については、以下を参照: デジタルなパブリックドメインの重要性に関するより詳細な文書と憲章については、以下を参照してください: 3.データを公開する際には、説明、データコレクションの全体、およびコレクションのサブセットを再利用したり別の目的で利用することに関して、あなたの希望と期待を明示的に力強く記述します。
記述例については以下を参照: 4.データを公開するときは、機械可読でオープンなファイル形式を使用してください。
  • 機械可読なフォーマットとは、コンピュータプログラムによってデータを抽出することができるものです。
  • 情報がクローズなファイル形式で公開されていると、その中にエンコードされている情報を再利用する際の大きな障害となり、その情報を利用したい人に必要なソフトウェアの購入を強いることになります。
  • データの構造と可能な用途は、たとえばデータのブログWebページなどで十分に文書化しておくべきです。
オープンなファイル形式の詳細については、オープンデータハンドブックをご覧ください。 5.ウェブ上の新しい方法で視聴者を巻き込む機会が追求されるべきです。
  • あなたが提供するオープンデータ、コンテンツ、およびサービスを明確に文書化して、他の人があなたが利用可能にしたものを容易に再利用、構築、および改善できるようにします。
  • データを公開する際には、データについての利害関係者からの質問に回答し、データを最大限に活用してもらうために積極的にサポートしてください。
  • あなたの視聴者にあなたのコレクションからアイテムをキュレーションしたり収集する機会を与えてください。アムステルダム国立美術館のRijksstudioは、この種の取り組みの好例です。
  • 可能であれば、クラウドソーシングのアプリケーションを活用して、ユーザーがあなたのメタデータを充実させたり、改善することを検討してください。
原文(Open Knowledge OpenGLAM Principles より):
Original post OpenGLAM Principles / Open Knowledge Foundation, licensed under CC BY 4.0.

Meet Monica Granados, one of our Frictionless Data for Reproducible Research Fellows

- November 11, 2019 in Open Knowledge

The Frictionless Data for Reproducible Research Fellows Programme is training early career researchers to become champions of the Frictionless Data tools and approaches in their field. Fellows will learn about Frictionless Data, including how to use Frictionless Data tools in their domains to improve reproducible research workflows, and how to advocate for open science. Working closely with the Frictionless Data team, Fellows will lead training workshops at conferences, host events at universities and in labs, and write blogs and other communications content. Hello there! My name is Monica Granados and I am a food-web ecologist, science communicator and a champion of open science. There are not too many times or places in my life where it is so easy to demarcate a “before” and an “after.” In 2014, I travelled to Raleigh, North Carolina to attend the Open Science for Synthesis (OSS) course co-facilitated by the National Centre for Ecological Synthesis and Analysis and the Renaissance Computing Institute. I was there to learn more about the R statistical programming language to aid my quest for a PhD. At the conclusion of the course I did come home with more knowledge about R and programming but what I couldn’t stop thinking about was what I learned about open science. I came home a different scientist, truth be told a different person. You see at OSS I learned that there was a different way to do science – an approach so diametrically opposite to what I had been taught in my five years in graduate school. Instead of hoarding data and publishing behind paywalls, open science asks – wouldn’t science be better if our data, methods, publications and communications were open? When I returned back from Raleigh, I uploaded all of my data to GitHub and sought out open access options for my publications. Before OSS I was simply interested in contributing my little piece to science, but after OSS I dedicated my career to the open science movement. In the years since OSS, I have made all my code, data and publications open and I have delivered workshops and designed courses for others to work in the open. I now run a not-for-profit that teaches researchers how to do peer-review using open access preprints and I am a policy analyst working on open science at Environment and Climate Change Canada. I wanted to become a Frictionless Data fellow because open science is continually evolving. I wanted to learn more about reproducible research. When research is reproducible, it is more accessible and that sets off a chain reaction of beneficial consequences. Open data, methods and publications mean that if you were interested in knowing more about the course of treatment your doctor prescribed or you are in doctor in the midst of an outbreak searching for the latest data on the epidemic, or perhaps you are a decision maker looking for guidance on what habitat to protect, this information is available to you. Easily, quickly and free of charge. I am looking forward to building some training materials and data packages to make it easier for scientists to work in the open through the Frictionless Data fellowship. And I look forward to updating you on my and my fellow fellows’ progress. Frictionless Data for Reproducible Research Fellows Programme

More on Frictionless Data

The Fellows programme is part of the Frictionless Data for Reproducible Research project at Open Knowledge Foundation. This project, funded by the Sloan Foundation, applies our work in Frictionless Data to data-driven research disciplines, in order to facilitate data workflows in research contexts. Frictionless Data is a set of specifications for data and metadata interoperability, accompanied by a collection of software libraries that implement these specifications, and a range of best practices for data management. Frictionless Data’s other current projects include the Tool Fund, in which four grantees are developing open source tooling for reproducible research. The Fellows programme will be running until June 2020, and we will post updates to the programme as they progress. • Originally published at http://fellows.frictionlessdata.io/blog/hello-monica/

Getting ready for Open Data Day 2020 on Saturday 7th March

- November 8, 2019 in Open Data Day, Open Data Day 2020

Open Data Day 2020Next year marks the 10th anniversary of Open Data Day! Open Data Day is the yearly event where we gather to reach out to new people and build new solutions to issues in our communities using open data. The next edition will take place on Saturday 7th March 2020. Over the last decade, this event has evolved from a small group of people in a few cities trying to convince their governments about the value of open data, to a full-grown community of practitioners and activists around the world working on putting data to use for their communities.  Like in previous years, the Open Knowledge Foundation will continue with the mini-grants scheme giving between $200 and $300 USD to support great Open Data Day events across the world, so stay tuned for that.  In the meantime, you can collaborate on the website. opendataday.org is on Github. Pull requests are welcome and we have a bunch of issues we’d love to get through.  If coding is not your thing but you know a language besides English, you can translate the website into your language, or update one of the other nine languages available so far. If you have started planning your Open Data Day event for next year, the new form to start populating the map will be available soon. You can also connect with others and spread the word about Open Data Day using the #OpenDataDay or #ODD2020 hashtags. Alternatively you can join the Google Group to ask for advice or share tips. To get inspired, you can read more about everything from this year’s edition on our wrap-up blog post.

Quem são as pessoas embaixadoras de inovação cívica no Brasil?

- November 7, 2019 in Destaque

A Ariane Alves, fez uma análise das pessoas embaixadoras que agora fazem parte da nova rede do Programa de Inovação Cívica.
Foi dada a largada! 43 cidades espalhadas pelo país já contam com pessoas dispostas a ampliar o alcance das tecnologias cívicas, fortalecer a democracia e engajar as comunidades em ações concretas de controle social. É o projeto Embaixadoras entrando em ação!
Leia o texto completo e conheça o perfil das pessoas Embaixadoras no Medium da Serenata.     Flattr this!

Loie Fuller and the Serpentine

- November 6, 2019 in choreography, Culture & History, dance, dancing, Drama, Loie Fuller, serpentine

With her "serpentine dance" — a show of swirling silk and rainbow lights — Loie Fuller became one of the most celebrated dancers of the fin de siècle. Rhonda K. Garelick explores Fuller’s unlikely stardom and how her beguiling art played out onstage the era's newly blurred boundaries between human and machine.

The Geometric Landscapes of Lorenz Stoer (1567)

- November 5, 2019 in architecture, design, geometry, intarsia, Lorenz Stoer, polyhedral, ruins

Lorenz Stoer’s wildly imaginative depictions of polyhedral shapes and fantastical ruins intended to instruct and inspire woodworkers.

Autumn general assembly and Xmas party

- November 5, 2019 in Events, Featured

Save the date! Our xmas party and general autumn assembly are held on Tuesday the 10th of December at Maria01   The post Autumn general assembly and Xmas party appeared first on Open Knowledge Finland.

John Reynolds’ Book of Murder Tales (1621–1635)

- November 4, 2019 in crime, John Reynolds, murder, sin

An illustrated collection of murder tales from the early 17th century, including the basis for the Jacobean play The Changeling.