You are browsing the archive for Masahiko Shoji.

Open Knowledge Japanの7周年と再スタート

- July 10, 2019 in Featured, mydata, News, OKJP, オープン・ナレッジ, オープンデータ

Open Data Open Minds 2019年7月1日、私たちオープン・ナレッジ・ジャパン(OKJP)は、前身である任意団体の設立から7周年を迎えました。 7年前、私たちは国内でおそらく初めての行政オープンデータの活用を謳ったハッカソンを開催していました。7年というのはそれなりに長い時間ですが、この7年間で政府のオープンデータカタログサイトができ、データの公開が進んでいます。また、573もの地方自治体がオープンデータの提供を行うようになりました。官民データ活用を進める法律もできました。毎年、オープンデータデイには世界で最も多くのイベントが開催され、さまざまなアプリやサービス、活用事例が日々生まれています。さらに今年は首相が世界に向けて “Data Free Flow with Trust”を提唱するようになりました。とても大きな進展です。 OKJP 改めて、私たちの掲げているミッションを確認します。「データの活用を通じて人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術研究などの質が向上した社会を実現する」です。データを活用し社会をよりよくしていきたい、という理想に向けた道のりの、まだ途中に私たちはいます。 近年、OKJPは個人中心のパーソナルデータ活用を進める「MyData」の運動と、行政と市民が協働によって地域のガバナンスを改善していく「チャレンジ!オープンガバナンス(COG)」の活動を強く支援してきました。おかげさまでどちらの活動も活性化しており、それぞれ新たに一般社団法人が立ち上がりました。OKJPとしては今後も、MyData とCOGの活動を応援していきます。 そして、改めて原点に立ち戻り、「オープンデータトーク」や「オープンデータデイ」などOpen Data / Open Knowledge を志向した活動をリブートしていきます。しばらく募集をしていなかった賛助会員の募集も再開します。ぜひ、この機会にオープン・ナレッジ・ジャパン(OKJP)の活動にご参加ください。2019/7/29(月)夜に社員総会も予定しており、賛助会員のみなさまからのご意見をもとに今後の活動方針を決めて参ります。募集要領は会員募集ページをご参照ください。 さらなるご支援と協働をよろしくお願いいたします。 一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン
(Open Knowledge Japan: OKJP)
代表理事 庄司昌彦

MyData Japan 2018を開催します

- April 24, 2018 in Events, Featured

oddsite

MyData Japan 2017の様子

パーソナルデータに関しては、従来の個人情報保護の観点に加えて、市民・消費者が自らのデータを集約し自らの意思で利活用することが重視され始めています。国際的には、EU一般データ保護規則(GDPR)の適用が2018年5月25日に迫っており、日本国内においても、内閣官房や産業競争力懇談会、データ流通推進協議会などで「個人主導のデータ流通」の促進が検討されています。直近では、経済産業省と総務省による「データポータビリティに関する調査検討会」も開催されています。 Open Knoeledge Japanは昨年に続き、さまざまな団体とともに「MyData Japan 2018」シンポジウムを下記の通り開催することとしました。個人主導のデータ活用の動きが社会や産業、政府や行政にいかなるインパクトをもたらすのか、どのような未来を拓くのか、そのために何をすべきか、などについて情報を共有し、議論を広げまた深めていきます。

■イベント名:MyData Japan 2018 ■日時:2017年5月25日(金)10:00~18:30(18:30~ 懇親会あり) ■会場:一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
    アクセスマップ: http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf ■定員:450名 ■参加費:シンポジウム参加費 2,000円  懇親会参加費 1,000円(一橋講堂3F食堂で18:30より開催) ■主催:一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン ■共催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センターほか(調整中) ※最新情報は随時更新します。 ■プログラム <午前の部>講堂(講演) 10:00-13:00  開会挨拶:
 庄司昌彦(国際大学GLOCOM 主任研究員・准教授/Open Knowledge Japan代表理事)  オープニングトーク:
 橋田浩一(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授/理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)分散型ビッグデータチーム リーダ)  データポータビリティに関する調査・検討の状況(予定):
 データポータビリティ調査検討会(予定)  情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会について(仮):
 飯倉主税(総務省情報流通行政局 情報通信政策課 調査官)  (タイトル未定):
 一般社団法人データ流通推進協議会 13:00-14:00 休憩 <午後の部> 2会場で事例発表を開催/講堂前ロビーにて展示 14:00-15:30 ◯会場:中会議室(事例発表、予定)  事例発表①(タイトル未定):
 日本電気株式会社(予定)  事例発表②オープンソースPDSペルソニアムとその応用:
 下野暁生(富士通株式会社 クラウドサービス事業本部)  事例発表③「情報信託機能の社会実装に向けた調査研究」に関する実証:
 中島俊太郎(大日本印刷株式会社 ABセンター コミュニケーション開発本部 VRMビジネス企画開発部 事業開発グループ)  事例発表④(タイトル未定):
 エブリセンスジャパン株式会社 ◯会場:中会議室(事例発表、予定)  事例発表A DataSignの実現する個人主導のデータ活用・流通プラットフォーム:
 太田祐一(株式会社DataSign Founder代表取締役社長)  事例発表B 生活者と企業がデータで幸せな未来図を描けるビジョンの実現に向けて:
 伊藤直之(株式会社インテージ 開発本部 ITイノベーション部)  事例発表C (タイトル未定):
 橋田浩一(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授) ◯会場:講堂前ロビー(展示)  会津大学(佐藤優希):
 パーソナルデータストアを用いたヘルスケアアプリケーション  株式会社アスクレップ  アセンブローグ株式会社  株式会社インテージ:
 生活者と企業がデータで幸せな未来図を描けるビジョンの実現に向けて  インフォメーションバンク・コンソーシアム:
 「情報銀行」ー 個人主導のパーソナル情報流通システム ー  エブリセンスジャパン株式会社  株式会社DataSign:
 DataSignの実現する個人主導のデータ活用・流通プラットフォーム  一般社団法人データ流通推進協議会  株式会社博報堂  富士通株式会社:
 オープンソースPDS Personiumとその応用 15:30-16:00 休憩 講堂(講演) 16:00-18:30  日本初の本格的EHR「千年カルテプロジェクト」ー臨床と研究の未来へー:
 吉原博幸(京都大学名誉教授・宮崎大学名誉教授)  EU一般データ保護規則とデータポータビリティ:
 生貝直人(東洋大学経済学部総合政策学科 准教授)  韓国の非識別措置ガイドライン紹介とその活用案:
 Kim, Dong-hyun(Deputy General Manager, Personal Data Protection Center, Korea Internet Security Agency)  クロージングトーク:
 中川裕志(理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)グループリーダ) ■参加申込み
近日中にお申込みフォーム(Peatix)を開設予定です。
*アクセス元の環境によっては、上記URLの申込みフォームが表示されない場合がございます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。 ■お問合わせ先 MyData Japan 2018 事務局
mydatajapan2018[at]glocom.ac.jp

オープンデータデイ2018に参加しよう!

- February 26, 2018 in Events, Featured

International Open Data Day 2018年のインターナショナルオープンデータデイが3月3日(土)に近づいてきました。 オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。毎年、日本からも多くの地域でそれぞれイベントを開催し、オープンデータデイに参加しています。 オープンデータデイのイベントは、誰でも、どのようなかたちでも、開催することができます。 数人規模で話し合うミーティングもあれば、数十人でまち歩きをしながら「オープンデータ」 な地図作りをするマッピングパーティ、100人以上の人が集まる巨大アイデアソンもあります。 データを使ったアプリ開発や地域の特徴分析、市民によるデータ作成など、「データ」との関わり方も様々です。また、対象の「データ」も数値だけではなく、地図や画像、動画、文章など多種多様です。 ※日本国内の会場はこちらでご覧いただけます。お近くの会場を探して参加しましょう。 ※近くに会場がなければ仲間を集めてイベントを開催してもいいかもしれません。イベント主催者はFacebookグループ「Open Data Day 主催者連絡用」で情報交換や相談などをしています。お気軽にご参加ください。) ※グローバルなポータルサイトはこちらです。

いろいろな自治体横断(検索)サービス

- January 24, 2018 in Featured, News

市役所

「自治体条例127万件超を横断検索 同志社大教授ら公開」という記事が私の周辺で少し話題になっていましたので、同種の自治体横断の(検索)サービスをいくつかご紹介します。

いずれも民間の手で作られたものであるということが、本当にすばらしいと私は思います。同じようなことを国がやろうとしたら、まず有識者による会議が作られ、延々議論が行われ、実証実験が行われ、やっとシステムが作られて自治体に参加を呼びかけて…、と莫大な時間とお金をかけるでしょう。もちろん民間サービスはいつまでそれが続くのかなどの課題はありますが、私は不完全でも「使える」という利便性や、このスピード感はとても重要なことだと考えています。

1.区市町村
議事ロックス
https://giji.rocks/

2.都道府県議会議事録
yonalog
http://chiholog.net/yonalog

3.図書館
カーリル
https://calil.jp/

4.広報紙
マイ広報紙
https://mykoho.jp/

そして
5.自治体条例
自治体条例Webアーカイブデータベース
http://jorei.slis.doshisha.ac.jp/

2018年オープンデータデイは3月3日(土)!

- December 19, 2017 in Events, Featured

International Open Data Day 2018年もインターナショナル・オープンデータ・デイが開催されます。今年の開催日は2018年3月3日(土)です。皆さん、準備をはじめましょう! ※オープンデータデイは、誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」を作ったり、 使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。毎年、日本からも多くの地域でそれぞれイベントを開催し、オープンデータデイに参加しています。 ※グローバルなポータルサイトはこちらです。
http://opendataday.org ※日本での開催地登録も近日中に開始する予定です。イベント主催者向け情報は、Facebookグループ「Open Data Day 主催者連絡用」をご覧ください。

MyDataJapan2017

- April 5, 2017 in Events, Featured

パーソナルデータに関しては、従来の個人情報保護の観点に加えて、市民・消費者が自らのデータを集約し自らの意思で利活用することが重視され始めています。国際的には、EU一般データ保護規則(GDPR)の適用が2018年に迫っており、2016年にはパーソナルデータの保護と活用について議論する「MyData 2016」がOpen Knowledge Finlandの主催によりヘルシンキで開催されました。 現在、日本国内においても内閣官房や産業競争力懇談会などで「個人主導のデータ流通」の促進が検討されています。そこでOpen Knoeledge Japanはさまざまな団体とともに「MyData Japan 2017」シンポジウムを開催することとしました。ここでは、このような動きが社会や産業、政府や行政にいかなるインパクトをもたらすのか、どのような未来を拓くのか、そのために何をすべきかなどについて情報を共有し、議論を広げまた深めていきます。 ■イベント名:MyData Japan 2017 ■日時:2017年5月19日(金)10:30 ~ 18:00  (18時以降、懇親会あり) ■会場:秋葉原コンベンションホール     http://www.akibahall.jp/data/access.html ■定員:400名(先着順) ■参加費:無料(※懇親会は有料になります) ■主催:一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン ■共催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センターほか(調整中) ※最新情報は随時更新します。 ■プログラム <午前の部> 10:30-12:30 ■イントロダクションセッション:マイデータのビジョンと、昨今の情勢 (東京大学 柴崎亮介、東京大学 中川裕志 ほか) 12:00-12:30 ■基調講演 衆議院議員平井たくや 12:30-13:30 ■休憩 <午後の部> 13:30-14:30 ■事例:ヘルスケアとおもてなし (東京大学 橋田浩一、徳島大学 玉木悠 ほか) 14:30-15:00 ■パネル展示の見学時間 15:00-16:00 ■展望と課題 (ラウル・アリキヴィ、富士通研究所 石垣一司、オプト 寺田真治 ほか) 16:10-17:50 ■パネルディスカッション (NEC 若目田光生、GLOCOM/OKJP 庄司昌彦ほか) 17:50-18:00 ■Closing (東京大学 柴崎亮介) ■参加申込み 下記URLにアクセスしお申込みフォーム(Peatix)よりご登録ください。 http://peatix.com/event/254166 *本シンポジウムは無料でご参加いただけます(懇親会は有料になります)。 *定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待
ちしております。 *アクセス元の環境によっては、上記URLの申込みフォームが表示されない場合がご
ざいます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。 ■お問合わせ先 MyData Japan 2017 事務局 MyDataJapan2017[at]glocom.ac.jp

野菜は誰がどこまで加工すべきか

- February 23, 2017 in 未分類

ファイル形式がcsvではあるけれども、データが正規化されていないということで内閣府が批判されている(詳細はこの記事の最下部からリンクしてある)。「こんなCSV読めるかばかやろう」「トンデモ」「ゴミ」「bad data」「ダメなcsv」といった表現が見受けられる。かなりひどい言われ方だ。 望ましい形式に対してまだまだ距離があるというのは確かにそうなんけれども、これを罵倒していたら、データを提供する側がより慎重になってものごとが進まなくなるだろうと私は考えている。また、新しいことをやりたくない行政職員に格好の「やらない理由」を提供することになってしまうだろう。 データの整形に人手がかかる、予算が要る、時間がかかる、優先順位を検討する必要がある、形式を決める必要がある…。そういって、「だから今はやらない」ということになるんじゃないだろうか。 最近はこの問題を野菜に例えて説明している。農家の人が「この場所にある野菜を自由に使っていいですよ」と言ってくれ始めたのが、今の状態。じつはもともと畑は共有地であるので、野菜をみんなが自由に使えるのはある意味当然なのだけれども、ともかく今まではそうではなかったので、使えるようになってとてもよかったと思う。 しかし、現状は使いたい人が自分で野菜を収穫しないといけないし、泥はついているし、形も不揃い。当然、カットされてもいない。 それに対して、キッチンで包丁を持って立っている料理人が、こんなもの料理に使えるかと怒っている。今すぐ料理に使えると思っていた人が怒るのは当然だろう。 でも、農家の人からすると、さいの目切りとかいちょう切りとか短冊切りとか言われても知らないし、どの野菜をどの切り方にすればいいのかわからない。そこまでしないと批判されるのなら、「野菜を使っていいですよ」というのもやめたくなるかもしれない。今後は6次産業化していく農家が増えるだろうし、消費者についての理解を深めることは生産にも役立つだろうから、農家が料理法を知るのはいいことではある。でも、それをいま知らないからといって激しく批判されるというのは、ちょっと可哀想だ。 いま必要なのは、農家と料理人の間に入って野菜を加工したり流通させたりする役割だろう。野菜を収穫して洗って、大きさ別に分けたりカットしたりして、料理人に使いやすくする人が必要だ。 ※この内容はもともと、私のFacebookへの投稿である。コメント欄ではさまざまな意見がとびかっており、私もなるべくコメントを返すようにしながら自分の意見を整理したり、勉強したりしている。このやり取りを踏まえて、後でどこかにさらに文章を書いてみようと思っている。

インターナショナルオープンデータデイ2017のプレイベントを開催

- January 24, 2017 in Featured, News

1月23日の夜に、インターナショナルオープンデータデイ2017のプレイベントを開催しました。話題提供やツールの紹介、開催内容のご紹介をしてくださった皆様、会場でご参加いただいた皆様、ネット中継をご覧くださった皆様、ありがとうございました。 イベント概要はこちらをご覧ください
インターナショナル・オープンデータ・デイ(IODD)2017 プレイベント(オープンデータ・トークシリーズ 第19回)
http://iodd2017pre.peatix.com/ 私は冒頭でオープンデータデイ2017についてのご説明(資料1)と、23日時点での開催地登録状況(資料2)を紹介しました。
資料1では、オープンデータデイって何?どうすれば準備できるの?ということをまとめてあります。
International Open Data Day 2017
開催地登録状況はこちら 会場からのTweetは、#odtalk #iodd2017 でご覧いただけます。こちらもぜひ、ご覧ください。

横須賀でオープンガバメント推進協議会のシンポジウムが開催されます

- October 25, 2016 in Events, Featured

The OG (Open Government) gang sign
Open Knowledge Japanが特別会員として参加しているオープンガバメント推進協議会が、11月26日(土曜日)に神奈川県横須賀市でシンポジウムを行います。 協議会に参加する自治体の首長によるパネルディスカッションや、地域経済分析システム(RESAS)を活用した職員研修事業の成果パネル展示と参加者投票によるコンテストなどが行われます。 オープンガバメント推進に積極的な自治体が集まるシンポジウムに、ぜひご参加ください。 【名 称】平成28年度オープンガバメント推進協議会公開シンポジウム
【日 時】平成28年11月26日(土)13時30分開場、14時開会(17時終了予定)
【場 所】セントラルホテル4階 ダイヤモンド(横須賀市若松町2-8)
【参加費】無料
【座 席】全席自由席(一部関係者席あり)
【申込方法】下記いずれかの方法によりお申し込みください。
メール:upi-pc@city.yokosuka.kanagawa.jp
FAX:046-822-9285 【プログラム】
※開始まで、ポスターセッションへのアイデアや意見の書き込み・投票を実施 14:00~14:05 開会挨拶(5分)オープンガバメント推進協議会会長 熊谷俊人(千葉市長) 14:05~14:10 開催市挨拶(5分)オープンガバメント推進協議会 吉田雄人(横須賀市長) 14:10~14:30 基調講演1(20分)テーマ「オープンデータの活用による市民参加の促進」
講師:Open Knowledge Japan代表理事庄司昌彦 14:30~14:50 基調講演2(20分)テーマ「地域経済分析システム(RESAS)の現状と今後」
講師:内閣府地方創生推進事務局企画官田岡卓晃氏(調整中) 14:50~15:20 RESAS活用研修優秀提案プレゼンテーション(30分) 15:20~15:30 総評(10分)テーマ「RESAS活用研修の振り返りと今後への期待」
講師:一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム高橋範光氏 15:30~15:40 休憩(10分) 15:40~16:45 パネルディスカッション(65分)
テーマ「自治体経営におけるオープンデータ及びビッグデータの活用について」
パネリスト(調整中※参加自治体の首長)
モデレーター:Open Knowledge Japan 代表理事 庄司昌彦 16:45~16:55 RESAS活用研修優秀提案表彰式(10分) 16:55~17:00 閉会挨拶(5分)(調整中)

オープン・ナレッジ・インターナショナルの一員として

- September 28, 2016 in News, Special


OK_LG_LOGO_JAPAN_RGB
■公式の「Chapter(支部)」になりました 先週、Open Knowledge International(OKI)のブログ私たちのブログでお知らせしましたように、私たち一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンは、Open Knowledge Internationalの公式な支部となりました。これは大変光栄なことであり、この喜びを日本の活発なオープンデータ・コミュニティの皆さんと共有したいと思います。 ■Open Knowledge InternationalのChapterとなること
Open Knowledge Internationalは、世界的にオープンデータの活用支援をしている団体です。「オープンデータとは何か」を示す「Open Definition(オープンの定義)」を作成したり、各国政府や自治体等で使われオープンデータ公開のためのプラットフォームとしてデファクトスタンダードとなっているCKANを開発したり、オープンデータの進捗状況を国際比較するOpen Data Indexを作成し国際ランキングを発表したり、市民組織やジャーナリスト等のデータリテラシーを高めるSchool of Dataを提供したりしています。(その他にもたくさんのワーキンググループが様々なプロジェクトを進めています) Open Knowledge International (OKI) は、以前はOpen Knowledge “Foundation”(OKF)と称していましたが、2015年から現在の名称に変更しています。さまざまなオープンデータ・オープンナレッジに関する活動に参加する人々は世界中で増加しており、この投稿を執筆している段階では37カ国でOpen Knowledgeの「ローカルグループ」が活動しています。私たち日本グループも2012年の設立以来、そのうちのひとつとして活動してきました。そしてこのたび、主要なグループのひとつとしてChapter(支部)となったわけです。今回Chapter化した日本とスウェーデンは、世界で10番目と11番目のChapterです。 OKIのブログで私たちのChapter化は、「アジアで初」と紹介されました。世界においてアジア諸国の人口が占める割合は非常に大きく、経済社会が大きく発展する可能性を持っています。私は、日本におけるオープンデータ・オープンナレッジのムーブメントをさらに広げていくだけでなく、他のアジア諸国の仲間たちとの協力をさらに広げていきたいと考えています。 ■オープン・ナレッジ・ジャパンOpen Knowledge Japan(OKJP)の活動
ところで、私たちの法人は一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパンが正式な名称です。しかし、上記のようにOpen Knowledge FoundationがOpen Knowledge Internationalへと名称を変更しましたので、私たちも名称から「ファウンデーション」を外していこうと考えています。法人名は今後変更する予定ですが、通称として「オープンナレッジ(ジャパン)」と呼んでいただければ幸いです。また、「OKFJ」も「OKJP」へと変えていきます。「ファウンデーション」の「F」を外すとともに、「J」だけだとジャマイカやヨルダンとも重複してしまうため2文字の「JP」を使う、ということです。「OKFJ」と呼んでくださっていた方にはご迷惑をおかけいたしますが、正式名としては一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン、通称は「オープンナレッジ(ジャパン)」「OKJP」という名前で呼んでください。 今後の私たちの活動は、やはり年度末のインターナショナルオープンデータデイがひとつの柱となります。日本各地・各分野のオープンデータ活用を前進させていく機会として、世界で最も盛んなオープンデータデイを盛り上げてきたいと思います。また、東京で不定期に開催している「オープンデータトークシリーズ」や、その他パブリックコメントや政策提言なども積極的に行っていきます。2016年度から参画した「オープンガバメント推進協議会」を通じた地方自治体の支援も発展させていきます。 これらに加えて、文化芸術関連のオープンデータ活用に取組むOpenGLAMや図書館・美術館関係の皆さんや、オープンデータを地域経済の分析に使うデータサイエンティストの皆さんなど、関連領域で活動されている方々や団体との連携も広げ、オープンデータ・オープンナレッジのムーブメントを広げていきます。 ■賛助会員としての参画のお願い
最後にとても大切なお願いがあります。私たちオープンナレッジの活動は、賛助会員として応援してくださっている方々の会費で支えられています。 あまりお金のかからない運営をしているつもりですが、一般社団法人としての事務は行っていますし、サーバ代などもかかっています。また、交通費が賄えるようになればOKJPのメンバーが国内の自治体等の支援などにうかがいやすくなります。ボランタリーで来てもらっているオープンデータトークの講師に何らかの御礼をすることも出来るようにるかもしれません。また、海外との交流もできれば活発化していきたいと考えています。 大切なことなので繰り返します。OKJPでは、賛助会員を募集しています。こちらのページをご覧いただき、趣旨にご賛同いただける方はぜひ、ご参加ください。どうぞ、よろしくお願いいたします。 庄司昌彦