You are browsing the archive for Featured.

Announcing the launch of the Open Data Day 2020 mini-grant scheme

- January 16, 2020 in Featured, Open Data, Open Data Day, Open Data Day 2020, Open Knowledge Foundation

Open Data Day 2020 We are happy to announce the launch of the mini-grant scheme for Open Data Day 2020. This scheme will provide small funds to support the organisation of open data-related events across the world on Saturday 7th March 2020. Thanks to the generous support of this year’s mini-grant funders – Datopian, the Foreign & Commonwealth Office, Hivos, the Latin American Open Data Initiative (ILDA), Mapbox, Open Contracting Partnership and the World Resources Institute – the Open Knowledge Foundation will be able to give out 60 mini-grants this year. Applications for the mini-grant scheme must be submitted before midnight GMT on Sunday 9th February 2020 via filling in this form. To be awarded a mini-grant, your event must fit into one of the four tracks laid out below. Event organisers can only apply once and for just one track. Open Data Day 2020 mini-grant tracks Mini-grant tracks for Open Data Day 2020 Each year, the Open Data Day mini-grant scheme looks to highlight and support particular types of open data events by focusing applicants on a number of thematic tracks. This year’s tracks are:
  • Environmental data: Use open data to illustrate the urgency of the climate emergency and spur people into action to take a stand or make changes in their lives to help the world become more environmentally sustainable.
  • Tracking public money flows: Expand budget transparency, dive into public procurement, examine tax data or raise issues around public finance management by submitting Freedom of Information requests.
  • Open mapping: Learn about the power of maps to develop better communities.
  • Data for equal development: How can open data be used by communities to highlight pressing issues on a local, national or global level? Can open data be used to track progress towards the Sustainable Development Goals or SDGs?
What is a mini-grant? A mini-grant is a small fund of between $200 and $300 USD to help support groups organising Open Data Day events. Event organisers can only apply once and for just one track. The mini-grants cannot be used to fund government events, whether national or local. We can only support civil society actions. We encourage governments to find local groups and engage with them if they want to organise events and apply for a mini-grant. The funds will only be delivered to the successful grantees after their event takes place and once the Open Knowledge Foundation team receives a draft blogpost about the event for us to publish on blog.okfn.org. In case the funds are needed before 7th March 2020, we will assess whether or not we can help on a case-by-case basis. About Open Data Day Open Data Day is the annual event where we gather to reach out to new people and build new solutions to issues in our communities using open data. The tenth Open Data Day will take place on Saturday 7th March 2020. If you have started planning your Open Data Day event already, please add it to the global map on the Open Data Day website using this form You can also connect with others and spread the word about Open Data Day using the #OpenDataDay or #ODD2020 hashtags. Alternatively you can join the Google Group to ask for advice or share tips. To get inspired with ideas for events, you can read about some of the great events which took place on Open Data Day 2019 in our wrap-up blog post. Technical support As well as sponsoring the mini-grant scheme, Datopian will be providing technical support on Open Data Day 2020. Discover key resources on how to publish any data you’re working with via datahub.io and how to reach out to the Datopian team for assistance via Gitter by reading their Open Data Day blogpost. Need more information? If you have any questions, you can reach out to the Open Knowledge Foundation team by emailing network@okfn.org or on Twitter via @OKFN. There’s also the Open Data Day Google Group where you can connect with others interested in taking part.

Open Data Day 2020 with OKFI

- January 16, 2020 in Events, Featured

Open Data Day 2020 Time: Saturday 7.3.2020 at 10.00 – 13.00 Place: Helsinki Central Library Oodi, Töölönlahdenkatu 4, Helsinki Saturday 7th March is the official International Open Data Day! For us, it will be a combination of informal discussions and workshops. Topics include Open Data and Wikidata. The day is organised in an unconference way, where the methods and content are decided among the people who are present.  Program (more to be announced later)   International Women’s Day edit-a-thon together with Wikimedia  Group Working Space 3 – from 10.30 – 13.00 For 2020 Open Data Day Wikimedia together with partners invites you to attend the largest International Women’s Day edit-a-thon at Helsinki Central Library Oodi. The event is intended to raise awareness of the unequal coverage of women in Wikipedia. Wikipedia is one of the most important sources of information worldwide and gets millions of visitors and reviews each day, however only one in five biographies are written about a female figure. This means that an uncountable number of women scientists, artists and activists are missing from most popular website. We want to change that. The event is intended to introduce as well as narrow the gap between reading and editing Wikipedia content.   The post Open Data Day 2020 with OKFI appeared first on Open Knowledge Finland.

Μέντορες βοηθούν τους νέους επιστήμονες να πουν όχι σε δημοσιεύσεις μη αξιόπιστων επιστημονικών περιοδικών

- December 22, 2019 in Featured, Featured @en, Μη κατηγοριοποιημένο

Οι εξειδικευμένοι ερευνητές μπορούν να αποτελέσουν πρότυπα, που μοιράζονται τη σοφία και την εμπειρία τους στην πλοήγηση σε ένα μεταβαλλόμενο τοπίο εκδόσεων. Ο πολλαπλασιασμός των επιστημονικών περιοδικών με «αμφισβητήσιμο» περιεχόμενο έχει εγείρει έντονο προβληματισμό, προκαλώντας έτσι συνεργασίες μεταξύ επιστημονικών εκδοτών, πανεπιστημίων, κυβερνητικών φορέων και μη κερδοσκοπικών οργανισμών για την ευαισθητοποίηση του κοινού σχετικά με την […]

Δελτίο τύπου: Πολιτική πολιτικών διαφημίσεων της Google “ένα βήμα προς τη σωστή κατεύθυνση”

- December 2, 2019 in Featured, Featured @en, News, ανοικτά δεδομένα, Νέα

Η Google εξέδωσε μια ενημέρωση σχετικά με την πολιτική πολιτικών διαφημίσεων της, η οποία θα έχει άμεσο αντίκτυπο στις Γενικές Εκλογές του Ηνωμένου Βασιλείου. Ο γίγαντας του Διαδικτύου δήλωσε ότι περιορίζει τη στόχευση του κοινού των εκλογών στις γενικότερες κατηγορίες. Αυτό σημαίνει ότι δεν θα επιτρέψει στους πολιτικούς διαφημιζόμενους να στοχεύουν τους ψηφοφόρους με βάση […]

Αξιολόγηση της νέας απτής και άυλης συν-δημιουργικής εμπειρικής ιατρικής εκπαίδευσης

- December 2, 2019 in Featured, Featured @en, News, εκπαίδευση, Νέα

Πέντε συμμετέχουσες χώρες: Κύπρος, Σουηδία, Φινλανδία, Ελλάδα, Ηνωμένο Βασίλειο Έναρξη: 01-01-2020 – Τέλος: 31-12-2022 Αναφορά Έργου: 612444-ΕΡΡ-1-2019-1-CY-EPPKA2-KA Επιχορήγηση ΕΕ: 990635 EUR Πρόγραμμα: Erasmus + Βασική δράση: Συνεργασία για καινοτομία και ανταλλαγή ορθών πρακτικών Τύπος ενέργειας: Συμμαχίες γνώσης για την τριτοβάθμια εκπαίδευση Περίληψη Η πειθαρχία της ανατομίας γίνεται όλο και πιο πολύπλοκη λόγω της μεγαλύτερης κατανόησης […]

Η καταστολή των πολιτικών διαφημίσεων από την Google “θα έχει ελάχιστες επιπτώσεις στο Ηνωμένο Βασίλειο»

- December 1, 2019 in Featured, Featured @en, News

Του Alex Hern Σύμφωνα με πηγές, οι Βρετανοί διαφημιστές βασίζονται περισσότερο στις λέξεις-κλειδιά παρά στα εργαλεία μικρο-στόχευσης (microtargeting). Ένας νέος κανόνας που απαγορεύει τη μικρο-στόχευση σε πολιτικές διαφημίσεις θα έχει ελάχιστο αντίκτυπο στο Ηνωμένο Βασίλειο, σύμφωνα με τον Guardian, επειδή η πλειονότητα των πολιτικών διαφημιστών δεν χρησιμοποιεί τα εργαλεία αυτά, ούτως ή άλλως. Αντ’ αυτού, οι […]

Το Web Foundation σηματοδοτεί τη 10η επέτειο με την έναρξη της πρωτοβουλίας «προστασία του web»

- November 24, 2019 in Featured, Featured @en, News, Web Foundation, Νέα

Web Log: Το παγκόσμιο σχέδιο έχει ως στόχο να καταστήσει το Διαδίκτυο προσιτό και προσβάσιμο σε όλους Νωρίτερα φέτος, ο παγκόσμιος ιστός – που εφευρέθηκε από τον Sir Tim Berners-Lee – γιόρτασε την 30η επέτειό του. Αυτόν τον  μήνα το Web Foundation – που επίσης συνιδρύθηκε από τον Berners-Lee – γιορτάζει τη 10η επέτειό του. […]

Προετοιμασία για την Ημέρα Ανοικτών Δεδομένων 2020, Σάββατο 7 Μαρτίου

- November 24, 2019 in Featured, Featured @en, News, Open Data Day, Νέα

Το επόμενο έτος σηματοδοτεί την 10η επέτειο της Ημέρας Ανοικτών Δεδομένων! Η Ημέρα Ανοικτών Δεδομένων είναι το ετήσιο γεγονός που συγκεντρωνόμαστε  για να προσεγγίσουμε νέους ανθρώπους και να δημιουργήσουμε νέες λύσεις σε θέματα στις κοινότητές μας, χρησιμοποιώντας τα ανοικτά δεδομένα. Η επόμενη διοργάνωση θα πραγματοποιηθεί το Σάββατο 7 Μαρτίου 2020. Την τελευταία δεκαετία, η εκδήλωση […]

New project: CreaTures

- November 18, 2019 in Featured, projects

OKFI is a partner in new EU Horizon 2020 funded research project ‘CreaTures: Creative Practices for Transformational Futures’ starts in the beginning of 2020. The three year research project is coordinated by Aalto University Department of Design. The transdisciplinary project highlights how the arts can contribute to addressing climate change and associated effects. The project aims at demonstrating effective paths to achieving sustainability, social cohesion and peaceful co-existence at a time of rapid change. This will be achieved by identifying existing, often hidden transformational creative practices, by supporting new experimentation and direct audience engagement around these practices, and by evaluating their impact. Read more: https://www.aalto.fi/en/news/research-project-creatures-seeks-to-further-the-sustainability-agenda-with-creativity The post New project: CreaTures appeared first on Open Knowledge Finland.

OpenGLAMの原則:文化遺産のオープンアクセスへの道

- November 12, 2019 in Featured, Open Access, OpenGLAM, Special, オープンデータ

(訳注:この記事はOpen Knowledge本家によるOpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage(2019/4/30)を日本語化したもので、OpenGLAMの原則は2019/11月現在改定中です。)

OpenGLAMとは?

2010年初の初めに、OpenGLAM(ギャラリー、図書館、資料館、博物館)が立ち上げられました。オープンアクセスをサポートする文化施設間の交流とコラボレーションをサポートするネットワークです。OpenGLAMは現在Open Knowledge Internationalとして知られているOpen Knowledge Foundation(OKFN)(訳注:2019/6月現在、再度OKFNに名称復帰しています)のイニシアチブおよびワーキンググループであり、欧州委員会が共同資金提供しています。クリエイティブ・コモンズCommunia Association、及びGLAM-Wikiコミュニティは最初から仲間でした。 とりわけヨーロッパでは、いくつかの地域OpenGLAMグループが結成されました。ネットワークは、専用ウェブサイトや OpenGLAMのTwitterアカウントといったいくつかのコミュニケーション・チャネルを通じてアウトリーチ活動を行っています。さらには別のOKFNによるイニシアチブ組織(現在は独立)であるPublic Domain Reviewと一緒に働いています。 デジタル文化遺産への自由で開かれたアクセスの背後にある共有された価値を概説するために、ワーキンググループは文化遺産部門におけるオープン機関とは何を意味するのかを定義する目的で、2013年に一組のOpenGLAMの原則を起草しました。 2013年に起草されたOpenGLAMの原則のスクリーンショット オープンアクセスが文化の部門で広く採用されるようになるにつれて、この領域の利害関係者間でのより強力なコラボレーションの必要性が高まっています。2018年に、クリエイティブ・コモンズ、ウィキメディア財団、そしてOpen Knowledge Internationalにつながっている人々のグループが、OpenGLAMネットワークの活性化と次のステップについて考えるためのイニシアチブをとりました。クリエイティブ・コモンズはこの分野で基本的な仕事をしています。文化遺産機関がその標準的なライセンスを通してそしてクリエイティブ・コモンズ認定制度のようなトレーニングを提供することでコンテンツの公表を手助けします。最初のステップは、投稿者の公募を通じて、@OpenGLAMのTwitterアカウントで新たな命を吹き込むことであり、OpenGLAMの原則について「温度チェック」調査を実施することでした。ここでは、いくつかの結論と次のステップについて説明します。こちらで調査の完全な分析にアクセスしてコメントすることができます。

OpenGLAMの原則に関する調査

調査はソーシャルメディアを通じて、主に@OpenGLAMアカウントを通じて公表し、調査を希望する特定の人々に連絡を取りました。合計109件の回答がありました。参加者の大部分はヨーロッパ(30%)とオセアニア(25%)に属し、北アメリカ(19%)とラテン&中米(19%)がそれに続きました。アジアや中東からの回答は非常に少なく、アフリカからの回答はありませんでした。私たちのアウトリーチ戦略の欠陥はさておき、これは原則の問題を示す側面の1つとも言えます:それらは英語でしか利用できず、それ故に参加へのさらなる障壁を追加しています。 私たちはまた、回答者がGLAM機関とどのような関係にあるのかについても知りたかったのです。調査では図書館員が最も多く(27%)、博物館の専門家(11%)、学者およびコミュニティの主催者、すなわちWikimedians in Residence(23%)がそれに続きます。わずかに7%が文書館に属し、続いて8%の人がGLAM組織の顧問または外部コンサルタントとして働いていました。複数の役割を果たしていたり、複数の機能を持つ機関で働いていると回答したのは21%でした。 私たちは、原則があまり知られていないことを発見しました。回答者のほぼ半数(45%)は、調査を受ける前にはこれに気付いていませんでした。そして、参加者にこの原則が自分たちの仕事に役立つと考えているかどうかを述べるよう依頼したところ、大多数から積極的な回答(72%)が得られたたものの、25%が「多分」と考え、ごくわずかな割合(3%)だけが役に立つとは思えない、という回答でした。 役に立たないと考えた人々のうち、たいていの批判は公的組織からのサポートの欠如、文化遺産機関とのコミュニケーションやつながりの欠如、そしてそれらのためのサポート構造の不在、といったものでした。とある回答者の要約のように、
「オープンデータなどは文化の分野では関係のない組織です。それらには関連組織によるサポートが必要です。より良い構造とネットワークを構築するために、私たちには議論するためのガイドラインと価値が必要です。」

これを有用だと考えた人々のうち、ほとんどは自分の仕事のためのガイドとして利用するためのフレームワークと値のセットを持つことの有用性を示しました。しかしながら現在の版では、原則はほとんどあるいは全くガイダンスを提供していないようです。 提供されている例の範囲が限られていることに加えて、データの公開に主な焦点が当てられていること、オープンアクセスと、疎外されたグループや先住民コミュニティなどの他の関係者の利益と権利との間にある緊張関係に関する認識の欠如、文化遺産に関するより広範で世界的な視点の不在が、今後の見直しの中で対処される必要がある関心事項として知らされました。ある回答者はこう述べています:
「個人的、文化的または社会的制約を伴う情報は、伝統的な知識のように単に『公表』されるべきではありません。私たちには文化的知識の複雑さについてある程度の認識が必要です。」
調査の参加者はまた、原則を更新する必要があると考えたかどうか、また必要である場合はどのように変えたら良いのかを尋ねられました。回答者は、原則を実際に適用する方法について、より多くのガイダンスを見たいと述べました。彼らは、オープンアクセスに関わっているより多様な機関のより良い例を望むでしょう。参加者はまた、原則のメンテナンスを説明できるより良い構造を設定する必要性を表明しました。価値とのつながりやより広い有用な宣言が欠如している点もまた、原則の弱点として現れました。別の回答者は次のように言っています:
「人権の観点により重点を置く必要があります。文化遺産へのアクセスは、いくつかの人権憲章および宣言に明記されている権利です。」
このOpenGLAM 原則に関する短時間での評価以外にも、自分たちに自問する必要があります。そのより広い機能と有用性とは何でしょうか?私たちは文化遺産機関がそのコレクションにオープンアクセスポリシーを適用するために、より良い指導を必要としていることを知っています。 この声明の裏付けとなる権利声明の正確性についての Europeanaが委託したレポート、およびAndrea WallaceとDouglas McCarthyが作成したGLAMオープンアクセスポリシーと実践、といった調査を含む証拠は増えていて、文化遺産機関をまたぐオープンアクセスポリシーの適用における格差を示しています。そしてCC認定制度などのより多くの訓練や、より良いアドボカシーやツールが適時に設定できる一方で、推奨事項と宣言は、組織機関の内部でまたは連携して活動しているアドボケイトにとって有用な要素となる可能性があります。 Open Access Directoryによって管理されているOpen Access をサポートする宣言のリストは 、学術コミュニケーションおよび科学データのOpen Access出版に重点を置いており、特に伝統的な知識、先住民の権利、またはデジタル化とオープンアクセスリリースに関するその他の問題のある側面、といったあたりの関心事項のいくつかを含む文化遺産に取り組む原則または宣言における明らかなギャップを示しています。 私たちは、オープンアクセスのためのより良いガイドラインをめぐり、文化遺産セクターとより幅広い会話をするために集まることを願っています。この幅広い会話の一環として、私たちは現在草案を作成しており、支持者や実務家と毎月電話をしています。可能な限り多くの人々を巻き込むために、私たちは年間を通じてより多くのフォローアップ戦略を持つ予定です。 会話への参加に興味があるなら、OpenGLAMメーリングリストを通して 連絡を取るか、そこで発表される毎月のオープンコミュニティコールに参加するか、またはCreative CommonsのSlackの#cc-openglamチャンネルに参加してください。 こちらでOpenGLAM Principlesサーベイの広範なレポートを読んだりコメントしたりすることができます。 原文(OpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage より):
Original post 2019/4/30 OpenGLAM Principles: ways forward to Open Access for cultural heritage / Open Knowledge Foundation, licensed under CC BY 4.0.